漫画メモとか

漫画の感想を書いてみたり。 割と何でも読むので、乾燥希望なものがあったら教えてください。読めたら読みます。

浦沢直樹著「モンスター」

浦沢直樹著「モンスター」

MONSTER 完全版(ビッグコミックススペシャル) 全9巻セット










ドイツを中心としたヨーロッパを拠点に繰り広げられるサスペンス物。
天才脳外科のDrテンマと、ドイツの東西冷戦時代、その後のベルリン崩壊などを背景にした、登場人物の多い作品となっています。


以下、ネタバレ注意



作品が作られたのは、1994年から2001年。ベルリンの壁が崩壊したのが1989年なので、割とヨーロッパ情勢がホットな時代に執筆を開始しています。

パイナップルアーミーを読んだ流れでモンスターを読み始めましたが、これは初読みでした。流れとしてもパイナップルアーミーの後に描かれているのですが、あちらはアクション漫画として、こちらはサスペンス物として読みました。

話はテンマがヨハンを手術して助けるところからスタート。そしてテンマの人生、ニナの人生とクロスしていきながら、ドイツのあちこちで発生する事件が浮かび上がってくる。

テンマやニナの人の好さに共感しつつ、見えてないピースが組みあがっていく。そこに色々な人の人生や人々の生活、家族の思いなどが垣間見れる作品です。

ヨハンは絶対悪のように登場しつつ、タイトルであるモンスターはそもそも何なのか。
フランツの作った絵本が要所要所に登場し、それらがヨハンの行動理念に対する回答と導線になっている。



こちらの絵本は、浦沢直樹氏が翻訳した体で作成されたそうです。

モンスターが表す話自体は作品の所々に出てくるのですが、この作品中に完全な悪は存在せず、キンダーハイム511の被害者だったり、時代の被害者だったりします。

そしてさらに、最後の村にいる人たちは疑心暗鬼の被害者。
どんな人でも、ちょっとしたきっかけでモンスターになる。
最後の下りは復讐の心にとらわれて、子どもをその道具にしようとした母親、そしてそれがために絶望したヨハンの心の渇望と、名前に関する伏線の回収が綺麗に絡み合った感じになっていました。

最後は読者にゆだねる形にしているものの、読後感は肩の力が抜けるような素晴らしさがあります。

どこまで話が組みあがっていくのかわからないほど複雑な背景が存在し、1つ見えればまた1つ奥がある、みたいな作品で夢中になって読みました。



日日日原作、西川彰作画「ささみさん@がんばらない」

日日日原作、西川彰作画「ささみさん@がんばらない」

ささみさん@がんばらない コミック 1-4巻セット (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)









前から気になっていたのですが、コミックがあったのでそちらで読みました。
元はライトノベル。その後アニメ化などもしていたのですが、どれも読んだことが無く、サンデーで漫画を連作していた時に読んでいました。

1~3巻はサンデーでの連載、4巻は別誌。但し出ている話が全部コミカライズされてるわけではないようです。

以下、一応ネタバレ注意




作品は頑張らない引きこもり月詠鎖々美と、その兄や周辺の人とのコメディ部分と、鎖々美が持っている最高神の力を取り巻くファンタジー&日常系な感じ。

異世界転生ものが流行る前に良く存在していた、特殊設定が日常にやってくる系です。調べたら2009年に原作が出ていますが、そらのおとしものが2007年なので大体同時期(この系譜はかなり前からありますが)。

4巻までの展開だと、母親との確執決着がつき、割といいところで完結していますが、続きが気になる状態です。

原作を読んでない状態なので何とも言えないのですが、神臣の取り扱いなどが消化不良(というか使われてない伏線に見える)があるため、原作を読んでから最終的な感想にしたいと思います。

漫画自体はキャラも動いていて読みやすかったです。



クリスタルな洋介著「オニデレ」

クリスタルな洋介著「オニデレ」

オニデレ(1) (少年サンデーコミックス)










不良娘と普通の男の子のギャグ&恋愛漫画。
この手の話としては珍しく、最初っから恋人同士であり、その関係を隠している、というところからスタートしています。

鬼のように強く、そしてデレるので、オニデレ。
最初は不良要素が強かったものの、連載が進むにつれ「そもそも不良ってなんだっけ?」的な方向に。
キャラクターで話を回すのが上手くなると共に、不良要素より各キャラのやりたい放題感が全面にやってきます。

特にミヅキや会長はいい味を出している上、ストーリーのきっかけとしてもうまく機能しています。

中盤からサヤの恋敵が出てくるものの、最初から恋人同士なので三角関係というよりはお邪魔者が出てきただけ。

そこに「不良だから付き合ってるのは隠さないと」というスパイスで話が展開していきます。
そしてこの漫画の陰の功労者であるモモも話に奥行きを持たせ(奥行き自体は微妙だったものの)、キャラクターを中心とした世界観の構築が成功しています。



いつもの感想より偉い長い理由は、この漫画が好きだから、としか言いようがないのですが。
このテンプレートパターンはちょっと変則的にその後のサンデー系漫画にちょいちょい引き継がれている気がします。

ミヅキのトリックスター感を移植した次の作品である「ひめはじけ」もいいスピード感のギャグ漫画だったのですが、この作品のかなめである、イーモトにあたるキャラが居ないため(ツッコミは居たが)、全体バランスとして投げっぱなし感になっていました。

各キャラクターの立ち位置が漫画的にも凄く綺麗に組みあがっているオニデレ。かなり好きな漫画の1つです。



「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。