漫画メモとか

漫画の感想を書いてみたり。 割と何でも読むので、感想希望なものがあったら教えてください。読めたら読みます。

リュック・ベッソン監督「レオン」

リュック・ベッソン監督「レオン」

レオン 完全版 (字幕版)
マイケル・バダルコ
2013-11-26


ジャンレノ、ナタリーポートマンが出てくる名作、レオン。
今となってはテンプレート的な殺し屋+少女だけど、その入り口だったかもしれない。
映像美も音楽も素晴らしく、特に音楽は印象的かつ悲哀を含んでる感じで作品に大きな印象を与えている。

シナリオ的には結構王道であり、途中の幸せな雰囲気とか、レオンの背景とか結構サクサク進む感じ。

作品としてまどろっこしさや間延びの全くない、隙のない映画。
ハードボイルドというには、レオンの完成さとマチルダの子供っぽさ+大人っぽさが特に際立ってる。

ちなみに相手役のゲイリー・オールドマンの怪演がすごい魅力的なのも見どころの一つ。
癖のある役を、癖のあるまま突っ走るのは最高。

レオン完全版(吹替版)
マイケル・バダルコ
2015-12-01









 

リー・アンクリッチ監督「リメンバー・ミー」

リー・アンクリッチ監督「リメンバー・ミー」



思い出し感想。ディズニーってカテゴリにしちゃってるけど、正確にはピクサー作品。
死生観を明るく表現しつつ、家族の絆とかの冒険を脚本で綺麗にまとめている作品。
映像美としてもすごい綺麗だし、最初は例のトラップに自分も引っかかってたので、情報なしで見ていたら本当にいい感じにハマる作品。

序盤強引だなーと思うシーンもあるけど、それらは結構脚本に帰結していくので、最終的には違和感ない仕上がりになっている。

ちなみに死後の世界の不思議設定は割と良くできていて、ラテン系の雰囲気をすごく持っているのが明るい感じでいい感じ。

日本語吹き替え版で見たけど、吹き替えも違和感なかった。

リメンバー・ミー (字幕版)
ナタリア・コルドバ=バックリー
2018-05-29





 

村上もとか著「jin - 仁」

村上もとか著「jin - 仁」



かなり前に一気読みした作品。
医術+江戸時代(末期)という歴史物。

ドラマ版は未視聴で、漫画のみの感想です。
作品は今考えると異世界モノクラスのチート作品何ですが、背景のしっかりした作品で江戸時代末期の日本描写と医療描写が素晴らしい。

先の展開を読ませない名作だし、人間模様も展開もとにかく面白い。
作品中に作者が語っている、梅毒に苦しむしかなかった花魁たちを、せめて作品中でも救ってあげたい、という救いとも思える精神。それが南方先生に乗り移ってるとも言えます。

展開は末期の開国間近の日本の様相と近代医学の走り的な感じが交錯していてとにかく面白い。
ちなみにこの作品で知ったんだけど、どくん描写とダブルヒロインは村上もとか先生のオハコだそうです。

とにかく面白い、万人に向けられる傑作。