マキヒロチ著「夫の遺言」

夫の遺言 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)




年の差カップルで急死した旦那。遺言は結婚前に書いたもの。前妻とその子供、愛人とその子供が出てきてー、といった話です。

ステージ、ステージで法律的解説があるのでエンターテイメントの漫画なのか、法律読本なのか最後までわかりませんでしたが、多分その間を狙って居たのでしょう。


以下、多少のネタバレを含みます。


センセーショナルなオープニングの割に温いと言うか、上手く行き過ぎなエンディング。存在しない夫の意図を遺言から読みといたような締め方に若干違和感はあるものの、読んでる最中はどう落とすのかわからなかったので、ある意味最後まで楽しめました。

まあとりあえず、人間いつ死ぬかわからない。死んだあとのためにも結婚したり再婚したら、遺言とか保険受け取りとか変えとこうよ、という。

あと、遺言があったとして、現妻に配分が全く無かったとしても、四分の一を受けとる権利があるのは知らなかった。
そりゃ後妻業存在するわけです。

とりあえずドロドロ展開にならなかっただけでも読んでて楽でした。