クリスボイス著「キャッチワールド」

キャッチワールド (1981年) (ハヤカワ文庫―SF)









1975年の著作、ハヤカワSFなのですが、人に勧められて読みました。
読み終わった後の感想としては、なんだかよくわからなかった、っていうものです。

とにかく多くのアイデア、情報などがしれっと普通に書かれており、それらを読み飛ばしつつ先に進んでいくのですが、着地点も想像できず、何がしたいのかも所見では想像できませんでした。
主人公が誰なのか、という点も、恐らく田村艦長だとは思うのですが、群像劇でもない、ヒーローものでもないつくりになっています。

以下、ネタバレ注意


といっても、ネタバレになるのかすら全く分からない。
読みたい人はまっさらな状態で読んだ方が良いと思うので、ネタバレの方は読まない方が良いとは思います。

メインの登場人物は、近未来に生きる武士なんだか僧侶なんだかよくわからない、とてつもない精神力、武力の田村。
しょっぱなからアイエエみたいな世界観がガンガン入ってきますが、ここに関しては実は後半には全く紐づいていません。
しいて言えば世界観の肉付けと、物体、物質的な世界観の強調なのかと。

そして物語の中核は宇宙船内。
謎の敵から攻撃を受けた地球は、反撃に出るため宇宙船を建造。主人公田村が艦長の船を含む数隻でアルタイルに向かいます。
その向かう先で、マシーンインテリジェンス(要するにAI)との統合があります。
このあたりからこれは宇宙戦闘の小説ではなく、人間やその精神とはなんなのか、みたいな部分に突入します。

そして後半になり、一気に話が進みます。

宇宙船や恒星間移動などのSF要素、そしてAIとのやり取りなどを経て、AIに統合されていく田村たち。
1人残されたアラエディス。
魔術やESP、古代の黒魔術みたいな話も絡み合い、大自我、そして超越する存在「鴉」へと話は登って行く。


と、ここで終わるのかと思いきや、やっぱり一人取り残されたアラエディスを主として、敵であるアルタイルの星に到着します。
読み終わった当初はなんか蛇足的だな、とは思っていたのですが、そもそも鴉と統合の話は比較対象が存在して始めて浮き彫りになる。
の、比較対象がアラエディスであり、大きな流れ鴉にキャッチされている存在が、実は多岐にわたっているということを表すものになっているのかな、と。

ただ、色々なSFの基礎みたいなアイデアがふんだんに入っており、1つ1つでも1冊成立するようなアイデアがちょいちょい出てきます。
黒魔術とその背景とか。

物質的→人々のやり取り→精神的な世界→大自我と統合→超越

そんなひも解き方をすると、もうちょっとちゃんと読めたかなと思います。