漫画メモとか

漫画の感想を書いてみたり。 割と何でも読むので、感想希望なものがあったら教えてください。読めたら読みます。

ホラー

浦沢直樹著「モンスター」

浦沢直樹著「モンスター」

MONSTER 完全版(ビッグコミックススペシャル) 全9巻セット










ドイツを中心としたヨーロッパを拠点に繰り広げられるサスペンス物。
天才脳外科のDrテンマと、ドイツの東西冷戦時代、その後のベルリン崩壊などを背景にした、登場人物の多い作品となっています。


以下、ネタバレ注意



作品が作られたのは、1994年から2001年。ベルリンの壁が崩壊したのが1989年なので、割とヨーロッパ情勢がホットな時代に執筆を開始しています。

パイナップルアーミーを読んだ流れでモンスターを読み始めましたが、これは初読みでした。流れとしてもパイナップルアーミーの後に描かれているのですが、あちらはアクション漫画として、こちらはサスペンス物として読みました。

話はテンマがヨハンを手術して助けるところからスタート。そしてテンマの人生、ニナの人生とクロスしていきながら、ドイツのあちこちで発生する事件が浮かび上がってくる。

テンマやニナの人の好さに共感しつつ、見えてないピースが組みあがっていく。そこに色々な人の人生や人々の生活、家族の思いなどが垣間見れる作品です。

ヨハンは絶対悪のように登場しつつ、タイトルであるモンスターはそもそも何なのか。
フランツの作った絵本が要所要所に登場し、それらがヨハンの行動理念に対する回答と導線になっている。



こちらの絵本は、浦沢直樹氏が翻訳した体で作成されたそうです。

モンスターが表す話自体は作品の所々に出てくるのですが、この作品中に完全な悪は存在せず、キンダーハイム511の被害者だったり、時代の被害者だったりします。

そしてさらに、最後の村にいる人たちは疑心暗鬼の被害者。
どんな人でも、ちょっとしたきっかけでモンスターになる。
最後の下りは復讐の心にとらわれて、子どもをその道具にしようとした母親、そしてそれがために絶望したヨハンの心の渇望と、名前に関する伏線の回収が綺麗に絡み合った感じになっていました。

最後は読者にゆだねる形にしているものの、読後感は肩の力が抜けるような素晴らしさがあります。

どこまで話が組みあがっていくのかわからないほど複雑な背景が存在し、1つ見えればまた1つ奥がある、みたいな作品で夢中になって読みました。



楳図かずお著「漂流教室」

楳図かずお著「漂流教室」

[まとめ買い] 漂流教室〔文庫版〕(小学館文庫)




世界異変系の金字塔、顔の表情だけでもいまだにネタにになる名作、漂流教室。
凄い前に読んだのですが、端々を忘れいていたため、再読しました。

ってことで感想なんですが・・・
なんていうか、スタートから最後まで、気の抜くところの殆どない、パニック漫画です。
ただその中で主人公の小学生たちが自分で考えたり、希望を持ったり挫折したり、成長記のような側面もあります。

今となっては世界異変物はジャンルとして確立していますが、この作品が発表された1972年では
SF小説以外は目新しかったかもしれません(当時を知らないので憶測ですが)。

日本沈没が1973年(但し着手は64年から)。
戦国自衛隊が1975年(元は74年)。

こう見ると、このあたりの時代はこの手の作品の宝庫の時代っぽいです。

以下、ネタバレ注意。



作品は突如砂漠のような異世界に飛ばされた大和小学校の面々が主人公。
特に最初は単なるやんちゃだった高松翔がだんだんと成長していく様と、異世界でのシビアな生活、子供たちのパニックなどが描かれています。
適用できない大人はやがて死んでいき、何とか適用していく子供たちだけとなる。

そして異世界が、変わり果てた地球の未来の姿ということがだんだんわかってくる。
そこに裏切りや公害問題、モンスターや未来の知的生物との戦いなどが加わっていきます。

部分部分はトンデモ設定みたいなところもあるのですが、そういうのを気にする暇もないままガンガンと話が進んでいきます
内容の濃さ、スピード感がとにかくすごい。

一応ホラー漫画に分類されているものの、冒険ものであり、SF、パニックモノであり、様々な要素が入っている作品です。
最後の展開は予想していなかったのですが、パニックモノにありがちな全員死亡みたいなほん投げじゃなかったのが良かったです。
納得感や読後感がとてもあるエンディングでした。