漫画メモとか

漫画の感想を書いてみたり。 割と何でも読むので、感想希望なものがあったら教えてください。読めたら読みます。

ミステリー

浦沢直樹著「モンスター」

浦沢直樹著「モンスター」

MONSTER 完全版(ビッグコミックススペシャル) 全9巻セット










ドイツを中心としたヨーロッパを拠点に繰り広げられるサスペンス物。
天才脳外科のDrテンマと、ドイツの東西冷戦時代、その後のベルリン崩壊などを背景にした、登場人物の多い作品となっています。


以下、ネタバレ注意



作品が作られたのは、1994年から2001年。ベルリンの壁が崩壊したのが1989年なので、割とヨーロッパ情勢がホットな時代に執筆を開始しています。

パイナップルアーミーを読んだ流れでモンスターを読み始めましたが、これは初読みでした。流れとしてもパイナップルアーミーの後に描かれているのですが、あちらはアクション漫画として、こちらはサスペンス物として読みました。

話はテンマがヨハンを手術して助けるところからスタート。そしてテンマの人生、ニナの人生とクロスしていきながら、ドイツのあちこちで発生する事件が浮かび上がってくる。

テンマやニナの人の好さに共感しつつ、見えてないピースが組みあがっていく。そこに色々な人の人生や人々の生活、家族の思いなどが垣間見れる作品です。

ヨハンは絶対悪のように登場しつつ、タイトルであるモンスターはそもそも何なのか。
フランツの作った絵本が要所要所に登場し、それらがヨハンの行動理念に対する回答と導線になっている。



こちらの絵本は、浦沢直樹氏が翻訳した体で作成されたそうです。

モンスターが表す話自体は作品の所々に出てくるのですが、この作品中に完全な悪は存在せず、キンダーハイム511の被害者だったり、時代の被害者だったりします。

そしてさらに、最後の村にいる人たちは疑心暗鬼の被害者。
どんな人でも、ちょっとしたきっかけでモンスターになる。
最後の下りは復讐の心にとらわれて、子どもをその道具にしようとした母親、そしてそれがために絶望したヨハンの心の渇望と、名前に関する伏線の回収が綺麗に絡み合った感じになっていました。

最後は読者にゆだねる形にしているものの、読後感は肩の力が抜けるような素晴らしさがあります。

どこまで話が組みあがっていくのかわからないほど複雑な背景が存在し、1つ見えればまた1つ奥がある、みたいな作品で夢中になって読みました。



原作:天樹征丸、作画:さとうふみや「金田一少年の事件簿 剣持警部の殺人」

原作:天樹征丸、作画:さとうふみや「金田一少年の事件簿 剣持警部の殺人」

金田一少年の事件簿-剣持警部の殺人- 全2巻完結セット(少年マガジンコミックス) [コミック] by 原作:天樹 征丸; 漫画:さとう ふみや [コミック... [コミック] [Jan 01, 2009] [コミック] [Jan 01, 2009]










金田一少年のスピンオフ・・・と思っていたら、本流でした。

作品屈指の名脇役である剣持警部、過去に捕らえた犯罪者と、その被害者を取り巻く話ですが、実は剣持警部はあまり出てきません。

殺人容疑をかけられ、解くのは金田一少年なのでしょうがないのですが。

ミステリーものなのでネタバレはしませんが、展開が割りと読めない、読んでて先の気になる作品でした。

でもやっぱりもう少し剣持警部を活躍させてほしかった。

ちなみに上下巻で、下巻には金田一の中学校時代の事件が2本入っています。

そういえば読んでいるうちにケータイなどの機器がふるいなーと思ってたんですが、2009年の作品でした。読んだことが無い、新しそうな話が8~9年前・・・

金田一とコナンは、いったいいつまで犯人を捕まえ続けるんでしょうか。



井浦秀夫著「刑事ゆがみ」

井浦秀夫著「刑事ゆがみ」

刑事ゆがみ(1) (ビッグコミックス)




正統派な刑事物。主人公は昔切れ者で、いまは昼あんどん。そこに新人刑事がついて事件を追っていく。

巻数が着いてなかったので単発かな、と思っていたのですが、続き物でした。
しかも、TVドラマになっていたようです。知らなんだ。

話は1冊で完結していたので、この単行本だけでも楽しめました。


推理ものでもなく、サスペンスっぽくもなく、刑事物です。なんかこう、2時間もののドラマの脚本にそのまま使えるような展開。ただし敵が初めから見えているので、勧善懲悪の刑事物となっています。

これ、今だと逆に珍しいのかも。

以下、ネタバレ注意

話ははじめに登場する、元空巣犯と、オレオレ詐欺が軸になっています。元空巣犯のファンタジーな部分と、オレオレ詐欺の実在的な問題の両方にたいし、昼あんどん主人公が熱意で追っていく。

見えてくる登場人物の過去、特に元空巣犯の過去。

だれることなく、描きたいことを上手く纏めて描いている感じです。

オススメするかは、絵柄に好きずきがあると思うのでアレですが、私は好きな漫画です。






刑事ゆがみ (小学館文庫)
大石 直紀
小学館
2017-11-07

刑事ゆがみ Blu-ray BOX [Blu-ray]
浅野忠信
PONY CANNYON Inc(JDS) = DVD =
2018-03-28


奈々本篠介原作、三雲ネリ作画「誰が賢者を殺したか?」

奈々本篠介原作、三雲ネリ作画「誰が賢者を殺したか?」


誰が賢者を殺したか? 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)




近未来+推理もの、という非常に攻めてる背景、設定の漫画だったのですが、途中からこの設定が忘れ去られたように無くなっている漫画。


近未来、拡張現実(AR)で五感や情報連携を強化した人類が当たり前の世界。

そこでアーミッシュ(自給自足自然主義)の主人公の父が殺され、そこから犯人を捜していく話です。


魔王と呼ばれるサイバー犯罪者が現れ、それらを高技術の情報処理技術を持つ勇者一行が倒した(犯人を特定した)。

その一行の「賢者」が殺され、一行の「盗賊」だった2番目の主人公が登場、賢者の娘である主人公と犯人を捜す、と。


ここまでの設定を書くと、超面白そう。

実際、1巻目は気になる点は多いものの、設定背景から本当に興味を引く形になっていました。



以下、ネタバレ注意





えー、本当にネタバレになるのですが。

このマンガ、FBIの捜査からスタートし、途中から日本が舞台になります。

よって日本の警察や公安も登場しつつ、犯人を追っていく、のですが、途中から近未来的な話や、アーミッシュでDNAを弄ってないから特殊攻撃が主人公には効かない、という設定が完全に消えました。


これが本当にもったいない。

第二の主人公ゾロのフック攻撃とか、そういうのをドンドンやって「拡張現実的なバトル+推理」のまま行けばよかったのに、どうしてこうなった。

更に推理やら調査部分に関しても、FBIや警察、公安がザル過ぎる。

主人公の能力は途中からカンがいいだけになり、最後は銃を持った傭兵に素手で勝つという、推理どうした。


RPG風の魔王を倒したあたりの下りで出てくる、人類最強の知能を持つ勇者も、計算が凄いだけのモブになってしまった。


凄くいい設定が、気が付いたらその設定自体が無くなってしまった感。

原作の問題なのか、編集の問題なのかわかりませんが、本当にどうしてこうなった。


是非、最初のスタンスのまま進んでいく話を、どこかで公開してほしいと思います。







古屋兎丸著「女子高生に殺されたい」

古屋兎丸著「女子高生に殺されたい」


女子高生に殺されたい 1 (BUNCH COMICS)








タイトル自体がパワーワードな漫画ですが、名前負けしないセンセーショナルな漫画でした。

著者は「帝一の国」とか「ライチ☆光クラブ」で名前をよく見る人。

ですが、実はこの人の漫画、本書が初めてでした。


もうちょいヘタウマ系なのかな、と思っていたんですが、普通に高い画力、構成力、キャラクター設定でした。

スタートからフルスロットルの主人公(殺されたい人)東山と、だんだんと広がってくる情報。

そして巻き込まれていく女子高生の真帆。

登場する元カノの五月。


全ての話は東山と真帆に集約するのですが「特殊性癖+犯罪」というテーマを、

情報を小出しにすることでコントロールしています。


登場人物が深いところで繋がっていることが見ていくうちに、話の全容が見えてくる。

続きが気になって一気読みするくらいはまりました。


「オートアサシノフィリア」という他人に殺されることに性的倒錯を感じる主人公。

そして明らかになってく真帆の秘密と五月との過去。


2巻でスパッと終わる秀作です。